西山志郎の彫金・鍛金    作品と教室

      

 「引き出し」高さ25㎝位        口・把手共出し「急須」

(銅・黒味銅つまみのあごに純金を切り嵌めしました)   (つまみに翡翠を入れてみました)



2017年日本現代工芸美術展
「高い空」

高さ110cmで銅板と真鍮の鍛金技法。今回は自然石を使用しました。

夢を手に空高く伸びていく姿を水平線に浮かぶ積乱雲に想を得て、揺るぎない夢を自然石に見立てて制作しました。





アクセサリー


   赤銅リング オパールリング

血色サンゴとスクウエアカットダイヤの18金リング     赤銅に象嵌をして凹ませたSVリング       オパール・グリーンガーネットのSVリング





クラフト

純銀やかん キートレイ  コーヒーポット


純銀のやかんで口と耳を一枚絞りした純銀やかん  銅4つ足のトレー、真鍮の落としに布目象嵌         二人用のコーヒーポット    




オブジェ
オブジェ オブジェ朝が来た オブジェ青天


陽を受けて昇る大気に夢や希望は躍動する。      台風一過の明け方、人々は歓喜する。      高い空、爽やかな風、心は躍る。   

「気流」                            「朝が来た」                           「青天」 




profile





彫金・鍛金について





教室について





MAIL